月額980円で動画見放題


オンライン英会話


英語教材


ブログ村


親子英語リンク


月別アーカイブ


語数別☆絵本棚

子供たちが読んだ絵本
☆~50語の絵本 ☆~100語の絵本 ☆ワークブック ☆よく観たDVD

カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
51位
アクセスランキングを見る>>

カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変ご無沙汰しております。
久々のブログ更新でございます。
まともに更新しておりませんのに、訪問してくださった方ありがとうございます。

以前から気になってはいた公文でしたが、
一応母国語方式で?日本語を介さず英語を習得してきた娘に
日本語訳、カタカナ読み付きの公文英語をさせることに抵抗があり
今まで見学にも至りませんでした。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
アメリカ公文やイギリス公文を考えたほど・・・^^;

では何故ここで、日本の公文英語を考えたかと言いますと、
最近WEBレッスンでテキストに日本語を少し書きこむようになったからです。
こんな感じで日本語訳をつける。何故かcome inだけ英語で説明。日本語を知らない訳ではなかったようです。最近こんな書き込... on Twitpic

こんな感じ。

もしかしたら、日本語⇔英語でやってもいいのでは?
と感じたからです。
コレを見て彼女の中で、日本語に訳せると思ったのは
私の勘違いだったと言うことも今日の体験で分かりました(笑)

この程度は訳せますが、長い文章になると
日本語に訳せないことも判明。
意訳はできますが、サッと正しい日本語(というか公文でいう正解)は
まず出てきません。
ちなみに訳すように言われたのは、G教材(中学生教材だったかな?)。

娘のレベルだとG教材からなんだそうです。
公文は易しいところからスタートするということで、
APPLEとかからやらされたらどうしようと思っていたのですが、
3級ということもあって、さすがにそれはありませんでした。

でも、日本語訳をさせたときに日本語に置き換えることが困難なため、
簡単なF教材からスタートしたほうがいいかもと提案されました。

そう、英語⇔英語レベルでは上の教材でも大丈夫だけど、
日本語⇔英語レベルで考えると下の方からやったほうがいいんですよね。

公文のプリントはとてもいい教材だと思いました。
特に小学生から英語を始めるお子さんにはいいんじゃないかな。。
あと英語育児のお子さんが小学校低学年・中学年で
文法整理と中学英語(日本語⇔英語)に備えてするのに
いいのだろうと改めて感じました。
短期間で通うというのも確かにアリ!

ただ、肝心のお姉ちゃんは終わった後に
通いたくないと言い出しました。
プリントも楽しかったようですし、
算数国語も好きだからやりたいと言っていたのですが、
英語の音読を先生の前でするときに、
珍しく思った小学生2人と中学生2人にじ~っと見られたことが
なんか恥ずかしくて嫌だったようですね。。
先生にも先生より上手だと言われ・・・。
でも算数が専門の先生だったんですけどね^^;
先生たちの笑顔があまりなかったのも気になったみたい。。
そして何といっても毎日プリントの宿題をするように言われたのが
一番嫌だったようです^^;
毎日宿題とか知らなかった私(>_<)
それは娘には厳しいな~。
時間ない(>_<)
今日の算数国語のレベルチェックでは、学校で習っていないような問題が出たこともあって
それも気になったみたい。。

2回体験を受けてみて考えようと思います。
といっても、本人が嫌だと言えば考えるまでもないんですけどね^^;

ついでに弟も一緒に3教科体験したのですが、
英語はA教材修了レベル。
でも次のBにいくと
親がついてやればできるけど一人では問題の意味を理解できないので、
簡単に一人でできるAをまずは楽しんでやってもらいましょうとのことでした。
算数国語は意外にもできてるそうです。
分からないもんですね~。
日本語絵本の読み聞かせも全然してないので、
文字がどの程度読めるかも把握できていませんでしたが、
文章もよく読めてるとのことでした。
ま~、褒めるのが先生のお仕事なので褒め上手なのでしょうけれど。。

今日の娘の反応だと、通うことにはならないかな。。

どうなんでしょうね。
日本語⇔英語をやっておく必要があるのかないのか正直分かりません。
中学からの授業を意識するのであれば必要ですが、
そうでなければ必要はないのですよね。。
これについては色んない考え方があって、どれが正しいのかなんて
答えはないのだと思います。
私の海外に住む姉は、英語は英語、日本語は日本語でと言います。
それは中学の英語の授業にポイントを置かず、
もっと広い視野で考えてるように思います。
当たり前のことですが、母語である日本語の本も沢山読み、
語彙・表現を増やすことによって、
英語を自分で表現豊かに自然な日本語に訳せるという発想からきてるようです。
姉は中学の英語の点数は意識していないし、
中学の英語が始まったら、その時の授業をちゃんと聞いて
テストではこう答えたら正解だと覚えて対応すればいいと。
でも、そんなに上手くいくかな。。

英語を日本語に訳すよう要求されるのは、娘は嫌そうでした。
今日の様子(英語)をみた感じだけでも、
娘の中で日本語⇔英語と英語⇔英語では違うのだろうと感じました。
完全なる英語脳ではないと思いますが、
やはり英語脳よりなんでしょうね。
先生もそれを感じたらしく、簡単なF教材からと言われました。
今のうちに日本語⇔英語に慣れておくのがいいのか?
中学に入ってから対応していけばいいのか・・・・
私は専門家ではないので正直凄く悩みますが、
体験後に娘の様子をみて考えたいと思います。

WEBレッスンも減らして、インターのサマースクールや
親子英語短期留学とかも考えちゃいます。
幼稚園時代と違って、本当に時間が足りない。
英語だけに時間を取ってられなくなってきました。。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ







スポンサーサイト

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。