月額980円で動画見放題


オンライン英会話


英語教材


ブログ村


親子英語リンク


月別アーカイブ


語数別☆絵本棚

子供たちが読んだ絵本
☆~50語の絵本 ☆~100語の絵本 ☆ワークブック ☆よく観たDVD

カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
529位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
49位
アクセスランキングを見る>>

カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はお姉ちゃんは卒園遠足でした。
空港見学と公園へ。
しかも新幹線に乗って
といってもスグ近くなんですけどね。
朝早く出発しました。
とっても楽しかったようで疲れて今日は早く寝ちゃいました。

そして午前中は小学校のプレスクール。
お姉ちゃんは不在でしたが、
弟を連れて行ってきました。

そして、午後から幼稚園で
「パパママコーチング講演会」に参加してきました。

講師の先生は小山英樹先生。
10歳までに決まる!頭のいい子の育て方でも何度か取り上げられてるようです)
小山先生の講演会は以前にも参加させて頂いたことがあり、
とても為になり子供への語りかけについて考える
いいキッカケとなりました。

今回は2回目とあって前回聞いたお話もありましたが、
小学校に入学する前にもう一度お話を聴かせていただいて
本当に良かったと思いました。

私は普段から毎日子供たちを抱きしめ
大好きだと伝えています。
伝えるように努力しているというより、
私がそうして育てられたので自然としてしまうのです。

何気なくしていたことですが、
これは大事なことなんだと改めて感じました。
一日の中でよくないと分かっていても
私はマイナスな発言を子供たちに必ずしてしまってます。
「なんでこぼすの?」
「ちゃんと座らないとイスから落ちるでしょ。」
などなど・・・。
これは当たり前ですが非難されている・否定されていると
子供は受け取ってしまいます。
なので、プラスのメッセージに変えてみようというお話でした。
例えば「お茶をこぼしちゃダメよ。」
ではなく、「上手に運ぼうね。」という言い方に変えてみる。

実は前回もお聞きしていたのに、
気づけばマイナスな表現が多い私。

子供のいいところを紙に書き出す時間もありました。
書き出したら止まらないくらい、
い~っぱいあるんですよね。
お姉ちゃんも弟も別々に書いたので、
紙いっぱいになっちゃいました。
普段その中の三分の1くらいは伝えられてるかな?と
思いますが、全ては伝えてやれていないなー。
もっと子供のいいところを口に出して伝えていこうと思いました。
(前回も思ったことですが、時が経つと忘れてしまうので注意!)

子供は不思議なことに
親の言ったとおりに育つと先生は仰いました。
私がよく息子に言う
「落ち着きのない子。」
というのも言い続けると大人になっても落ち着きのない大人に。

「あなたは優しい子だね。」とか
子供のいいところを取り上げて声かけをしていきたいと
強く思いました。
(何度も言いますが前回も思ったんです)

英語での語りかけの前に
心に届く子供のための声かけを
もう1度見つめ直して考えていきたいと思います。

今回は忘れないように先生の本も買わせて頂きました。
持ち帰ったら早速主人が読み始めました。
主人は参加できなかったため、
私があーだったこーだったと話しておきました(笑)

そう主人にもしっかり読んでもらいたい。
もともと興味を持っていたので
本を購入しておいてよかったー。
子どもの心に届く言葉、届かない言葉―教師力・親力をアップする教育コーチング
子どもの心に届く言葉、届かない言葉―教師力・親力をアップする教育コーチング
子どもを伸ばす5つの法則―やる気と能力を引き出すパパ・ママコーチング
子どもを伸ばす5つの法則―やる気と能力を引き出すパパ・ママコーチング

今日はそのプラスのイメージで
子供に手紙を書く時間まで用意してくださっていました。
プラスのメッセージで子供に手紙を書く。
初めてのことです。
メモのようなお手紙交換はよくしますが、
考えて考えて(時間は短かったのですが)書きました。

お姉ちゃんへは、小学校に入ってからのことについて。
「わくわくするね。」とか「楽しみだね。」とか・・・。
「いつもお手伝いしてくれてありがとう。たすかってるよ。」なども。
将来の夢についても、
「のんちゃんがレストランオーナーになったら
 お母さん料理食べにいくね。楽しみだよ。」と。

弟には
「元気だね。」
「新幹線の運転士さんになったら、家族をのせてね。」
などなど・・・。

ちょうど4歳の弟も平仮名がすらすら読めるようになってきたので、
手紙を書くのにちょうどいい時期でした。

二人に帰ってから手紙を渡しました。
普通に手紙をもらうだけでも喜ぶ子供たちですが、
ちょっといつもと違う内容のお手紙に
嬉しそうな表情を見せてくれました。
私も幸せな気分に

叱ることも必要だと私は思っていますが、
褒めることをもっと増やすように心がけたいと思います。

存在そのものを認めてもらってると子供に感じてもらえるような
母でありたいと思います。

ちょっと、今日は真面目な話になってしまいましたが、
親子英語ブログの方はきっと関心がおありかと思い
記事にさせていただきました。

濃い内容の2時間でしたので
全てはここで伝えきれませんが興味のある方は
コーチングの本もいくつか出版されているので、
1度読まれてみるのもいいかもしれませんよ。
当たり前のような話でも再度認識できたり、
知っておくと声かけも変わってくると思いますので。

パパママコーチング講演会をいつも企画してくださる
園長先生、準備してくださった先生方
そして小山先生とのご縁に感謝。

最後に講演会で流して頂いた動画のリンクを貼らせていただきます。
是非観てください。
埋め込みが上手く出来ませんでした。

僕を支えた母の言葉

私は泣きそうなので今日は文字を読まないようにしました。
前回涙をこらえるのに苦労しましたので。

ちなみに、このDVDが入った本があります。


☆更新の励みに応援クリック宜しくお願いします☆
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 英語ブログへ














スポンサーサイト

コメント

タイトル

内容の濃い講演会ですね!
聞いてる側の保護者の方たちも参加している雰囲気だというのがパルピさんのレポートから私にも伝わってきました☆
マイナス言葉^^; わが家は「ダメ」を使わないように、、、って気をつけてますが、とっさにでるのは「ダメ」(No)だったり><
余裕をもって子供と接しないとなあ^^;
パルピさんが文中で何度もおっしゃってた「わかってるけど、忘れる」そうなんですよね>< 今回のパルピさんの記事、よい刺激になりました☆私は英語の語りかけ以前に、日本語の語りかけも勉強が必要だわ~^^;

cottonさんへ

> 内容の濃い講演会ですね!
> 聞いてる側の保護者の方たちも参加している雰囲気だというのがパルピさんのレポートから私にも伝わってきました☆

参加型の講演会ですね。
楽しかったです。

> マイナス言葉^^; わが家は「ダメ」を使わないように、、、って気をつけてますが、とっさにでるのは「ダメ」(No)だったり><
> 余裕をもって子供と接しないとなあ^^;

お母さんもプラスな表現の言葉をたくさんかけてもらってないと、
子供にプラスのメッセージがなかなか出てこないと言われてました。
納得。
と、主人にも伝えておきました(笑)
お母さんも時々褒めてもらわないとね(*^_^*)

> パルピさんが文中で何度もおっしゃってた「わかってるけど、忘れる」そうなんですよね>< 今回のパルピさんの記事、よい刺激になりました☆私は英語の語りかけ以前に、日本語の語りかけも勉強が必要だわ~^^;

皆さん言われなくても分かってらっしゃるかたばかりと思いますが、
日々の生活で精一杯ですよね?
全部直さなくっても、意識してるだけで違うんだそうです。
なので、私も全ては直らないけど、
ちょっと知っておくだけで、発言は変わってきたように思います。

話変わりますが、WKEのワークショップの予約が取れませんでした(>_<)
小学校入ったらお姉ちゃんはもう参加資格がないようで・・・。
今軽くショックを受けています(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。