月額980円で動画見放題


オンライン英会話


英語教材


ブログ村


親子英語リンク


月別アーカイブ


語数別☆絵本棚

子供たちが読んだ絵本
☆~50語の絵本 ☆~100語の絵本 ☆ワークブック ☆よく観たDVD

カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
49位
アクセスランキングを見る>>

カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学英語の壁。。
英語を母国語方式で楽しく習得してきたお子さんの場合、
中学生になったとき、英語の授業で苦労するという話しをよく耳にします。

以前ネイティブ英会話講師からも聞いたことがあります。
中学生になって文法を学校で習って英語が嫌いになったりする子が多いと・・・。
その講師は特に男子が多いと言われてました。

公文の先生も同じようなことを言われてました。
帰国子女や英語が得意な子が
中学校の授業で点数が思ったほどよくなく苦労していると。
その子の弟は、お姉ちゃんが中学で苦労したため、
低学年から公文の英語にお母さんが連れて来てたんだとか。

そんなことは、スッカリ忘れていた私なのですが、
最近の娘の様子を見ていて
今が娘にとっては中学英語の壁なのではないだろうかと感じています。

最初は楽しく通っていた公文。
「今日は公文~♪」
と楽しそうだった娘が・・・
F教材からG教材になったあたりから
「今日、公文か~。行きたくないな~(>_<)」
とボソッとつぶやくようになりました。

見かねて先生に相談したところ
英語のプリントを10枚から5枚に減らしてくださいました。
それでも、嫌々取り組み通っています。
何が嫌なのか?
G教材を見ても、娘にとって英語は難しいことはありません。
理由をよくよく聞いてみると、
日本語と英語が一致しないこと。
感覚で英語を話すので、日本語に全て置き変えなきゃいけないことが面倒。
先生の前で英文を読み(これはOK)、
それを日本語訳にして口頭で言わされるのが嫌い。。
本当に嫌そうで、やめさせたほうがいいのか悩みました。
・・・正直今もちょっと悩んでいます。

でも、これはいつか乗り越えなきゃいけないものなんですよね。
日本に住んでる限りは・・・

もう少し後でもいいかなとも思いますが、
せっかく始めた公文なので、もう暫く様子をみたいと思います。

やる気を出させる為に、教材のテストに合格し
進級の賞状をもらってきたら何かしらご褒美を考えることにしました。

こんなに早く嫌になるとは思っていなかったので私もちょっと驚いています。
弟に関しては、英語と日本語の一致がどうとかいうレベルの教材ではないのですが、
アルファベットが綺麗に線の上に書けなくて苦戦しています。
海外ワークの広いスペースに書くことに慣れてるので、
公文の書くスペースは少し小さめで書きにくいようです。
あと、男子だからか?お姉ちゃんより大胆で雑な字を書きます^^;

色々問題点が出てきた頃に、偶然知人からこんな話を聞きました。
小学校6年生まで英語圏で生活していた男の子が
日本の中学で英語の授業を受けてから、
面白くなくて英語嫌いになり一切英語を話さなくなったという話しです。
そのお子さんがたまたまそうだっただけなのかもしれませんが、
他人事のようには思えませんでした。

うちは、英語圏で生活してないし英語力はそんなでもありませんけど、
英語嫌いになって話さなくなることがもしあったなら、
悲しいなって思います。

今まで楽しんで英語を習得させてきただけに、
英語を嫌いになったりするのだけは避けたいですよね。

皆が皆そうなるわけではないのですが、
念の為に、今ご褒美制度を取り入れてでも、
公文の英語で徐々に慣れておいてもらいたいです。
辛そうだなって思ったら、
WEBレッスンはゲームやお喋り中心で
TVで英語が楽しく自然だと思える時間を取るようにしたり
読み聞かせで楽しい時間を増やしたりと
今なら私がフォロー出来るような気がします。
実際に今そのようにしてるつもりです。
プライベートレッスンも、お勉強的ではなく
とにかく楽しくお喋りさせてくださいと頼んでいます。

その代わり、毎日5枚の英語プリントだけは頑張って取り組んでもらいたい。
最初は海外公文を希望してましたが、
今は日本の公文英語にしてよかったかも・・と思います。
ついでに知らない漢字も少しずつですが読めるようになってきていて得した気分です。

うちは、何年も公文を続ける予定ではないのですが、
文法の整理だけではなく、日本語で英語を学ぶことに
慣れてくれたらいいなと思います。

家でやるならば、こんなのも使えそうですよね。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



スポンサーサイト

コメント

それだけ今まで娘ちゃんが楽しく英語に取り組んで
これたってことですよねー。素晴らしい☆
我が家は逆に楽しい英語時間が少なかったからか(苦笑)公文英語は完全お勉強部類ですね。算数のほうが
本人的には大変なので、英語の大変さは中和されているような。。
しかし毎回和約があるんですね。我が家が通っているときはただ読むだけでした。
教室によりいろいろですね。我が家はいまだに教室に通うか迷ってます・・・

こんにちは。
とても興味深いお話でした。
日本にいた2年半の間に下の子が二年生の時、半年ほど公文に通いました。彼女はキンダーまでアメリカで育ち、夫は英語しか理解しないので英語はできるはずなのに、思ったように進まずやめてしまいました。公文の先生が英語を話す事ができないと知ったのも退会した大きな理由でした。
公文の先生全員が英語を教える専門家ではない、と言うのが私の判断です。でも、だからといって公文のやり方を批判するわけではありません。日本で英語教育を受ける子どものニーズに沿った指導の一つををしているのだと理解しています。
アメリカで現地校に通い、日本語補習校に通っているという状況にいる子たちは、二カ国語で何を勉強しているかと言うと、学科を学んでいるだけでなく、勉強の仕方の違いを学んでいるんだと最近気がつきました。バイリンガルになるというのは、どちらの言葉でもアカデミックスキルを獲得したレベルでの読み書きができるというのは当然。そしてどちらの文化の勉強の方法も習得し、必要に応じて使い分ける事ができるようになるのが高度なレベルのバイリンガルであるという事です。
そういう意味では、公文で日本での英語学習のやり方をしっかり身に付けるというのは意義のある事のように思えます。
お知り合いの方のお子さんの英語離れですが、英語をいっさい話さなくなったのは、英語が嫌いになっただけではなくその必要性が無かったからではないですか? 日本の学校で日本語、家庭でも日本語、モチベーションが無かったら、嫌な事を経験したと言う事をきっかけに英語から離れると言う状況もアリかと思いました。でも、長い目で見たらまた先はわからないし、せっかく身に付けた英語がもったいないと感じても、子どもの気持ちを優先するのが大切かと思います。
子どもが自分から興味を持って勉強しないと身に付かない、というのはよくいわれる事だし、私もそう思います。そのためにいかにモチベーションを高く保つ事ができるかが勝負ですよね。
英語をお勉強という狭い世界に閉じ込めず、バランスを保とうと努力されてるのは、とてもいい事だと思いました。

そういう話、私も聞きますし、それで公文を始めたっていう英語を話すお子さんも知ってます。
日本で生きていく以上、訳す、っていうことは必要ですもんね~~。
うちは公文とか死ぬほど嫌がるので行く予定はないですが^^;中学校行ったらどうなるのかな~と漠然と思います。

ぶんぶんさん

コメントありがとうございます。
私が思っていたより娘は英語脳なのかもしれませんね。
自分が経験していないことなので、いつも悩みながらの親子英語です^^;

> 我が家は逆に楽しい英語時間が少なかったからか(苦笑)公文英語は完全お勉強部類ですね。算数のほうが
> 本人的には大変なので、英語の大変さは中和されているような。。

うちは、まだまだ引き算をやっているので、算数もこれからが大変なのかもしれませんね(>_<)
和訳は毎回あるみたいです。
先生によって違うのかな?
きっと通信にしたらその問題もクリア―になるのかもしれないのですが、
暫くは、見守りたいと思います。
教室に通ってないとうちの子は続かないかもしれないな~^^;

シュミッツさん

コメントありがとうございます。

シュミッツさんのお子さんも通われていたのですね。
娘の通う教室の先生も英語の先生ではありません。
発音については、e pencilが発音するので問題なさそうです。
文法を教えることは(公文の教材を使って)できる先生なのですが、
我が子は完全に和訳と文法が面白くないようです^^;

> お知り合いの方のお子さんの英語離れですが、英語をいっさい話さなくなったのは、英語が嫌いになっただけではなくその必要性が無かったからではないですか? 日本の学校で日本語、家庭でも日本語、モチベーションが無かったら、嫌な事を経験したと言う事をきっかけに英語から離れると言う状況もアリかと思いました。でも、長い目で見たらまた先はわからないし、せっかく身に付けた英語がもったいないと感じても、子どもの気持ちを優先するのが大切かと思います。

そうかもしれませんね。そのお子さんは日本語がほぼゼロの状態だったことも関係あるかもしれません。
日本語がほぼゼロだったのに英語を一切話さなくなったのは、
授業が面白くないだけでなく、本人が日本語を習得しようとした結果かもしれません。
そして、シュミッツさんの仰る通り、またこれから先のことはどうなるか分かりませんね。
その子の気持ちを優先させること・・・とても大事ですね。
私も気をつけたいと思います。

シュミッツさんのコメント、大変興味深く読ませていただきました。
ありがとうございます。
まだ公文は始めて間もないので、もう暫く見守りたいと思います。
お喋りは大好きなので、英語は楽しく日常に取り入れ続けたいと思います。

りゅうママさん

> そういう話、私も聞きますし、それで公文を始めたっていう英語を話すお子さんも知ってます。
> 日本で生きていく以上、訳す、っていうことは必要ですもんね~~。

そうなんですよね。必要無ければ英語は英語でやっていきたいところですが、
色々考えさせられます。
我が家は海外に住む予定もなく、日本の中学校に通うので
今じゃないにしろ、どこかのタイミングで考えなきゃいけない問題です。
うちの場合は、他の親子英語のお子さんより英語を話すレベルが高くないので、
実は日本語を使った英語でも、そんなに問題ないだろうと思っていたんですけど。。。

> うちは公文とか死ぬほど嫌がるので行く予定はないですが^^;中学校行ったらどうなるのかな~と漠然と思います。

何の準備もなく中学に行っても問題なくいくパターンもきっとあるのでしょうね。
うちも今じゃなく中学生でこの問題にぶつかたらどうだったのかなと思います。
年齢が上がると意外と平気だったりして・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。